cook:MANAMI/utuwa:サブロウ

 

現代作家の器で食べるスイーツ

今回の器は「サブロウ」さん

 

 

サブロウ・ガラスさんについて

1976 滋賀県生まれ
1996 ドイツにてワイン関係の仕事をする。
在独中に訪れた、ベルリンにあるガラスブロックで建てられた、教会に感銘を受ける。
2000 帰国後、富山に移住。
2003 富山ガラス造形研究所造形科卒業
卒業後は、アート作品を中心にさまざまなイベントに参加。
ガラスのためのイベントを頑たいと思い、企画・運営も行う。
アートからインテリアに興味が移る。
2005 工芸に興味をもち、本格的にうつわ製作に取り組む。
現在は、各地で個展・グループ展での展示活動を精力的に行っている。

 

 

 

レシピ

フランス発祥
〜ガトーインビジブル(ブルーベリー)〜

 

材料
りんご.....2個
卵.....2個
薄力粉.....75g
牛乳.....70g
無塩バター.....50g
ブルーベリージャム.....70g
ブルーベリー(冷凍).....150g
フレッシュブルーベリー.....(粗切り) 120g
フレッシュブルーベリー.....(飾り用) 80g

 

【作り方】
1、りんごは4等分にしてくし切りにしたら薄くスライスする
2、バターは耐熱容器に入れてレンジで1分位加熱し 溶かしバターにする
3、卵を割り入れ砂糖を入れてよく混ぜる
4、薄力粉を2回に分けていれその都度まぜる
5、牛乳、とかしバターを少しづつ入れてその都度まぜる
6、ボールAとBに溶液を半分づつ分けいれる
7、ボールBにブルーベリージャムと刻んだブルーベリーを加え、よく混ぜ合わせる。
8、AとBのボールに薄切りにしたりんごを入れて生地を和える
9、パウンド型にAのりんごを並べる
10、半分までいれたら生地をながしいれる
11、冷凍のブルーベリーをならべる
12、Bのボールのりんごを並べ残りの生地を流し入れる
13、トントンと底を叩いて空気を抜く
14、170℃に予熱したオーブンで45〜50分焼く
15、粗熱が取れたら型から外して冷ます
16、フレッシュブルーベリーをのせ、パウダーシュガーをふりかけたら出来上がり

 

 

サブロウ ・ ガラス

 

ガラスの長皿 / 37cm×11cm
ガラス角皿
ガラス角豆皿

 

 

ゆらゆらと揺らめく水面(みなも)のようなデザインが代表作のサブロウ・ガラス。
サブロウさんの故郷である、滋賀県の琵琶湖の湖面をモチーフにして作られているそう。

 

優しい色味ですが深みもあり、どこか和風の味わいも感じられるガラスたちは、何度もテストを繰り返して生みだされたオリジナルのカラーが特徴。

 

ガラスなのに温かみも感じられるサブロウ・ガラスは、季節を問わず一年を通してお楽しみいただけます。

 

あふみシリーズの中から
今回は、長皿、角皿、豆皿をチョイスしてみました。

 

あふみ(淡海)とは
淡水湖の古い呼び名です。元々琵琶湖からイメージしたシリーズだったので、ピッタリハマりました。水、近江、琵琶湖だと分かりやす過ぎの中、程よく分かりづらい!のが決定の理由です。

 

 

サブロウ・ガラス
HP:http://www.calmlife.net/

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事