Recipe Developer:Pascale

Product Provision:笠原良子

 

大根センチェのタイム添え

 

Daikon saengchae with thyme

 

 

大根センチェのタイム添え
レシピ

 

材料

 

大根 ..... 1/4個
紫玉ねぎ..... 30g
緑ネギ..... 10cm
塩 ..... 1小匙
にんにく ..... 1片
ゴチュガル ..... 1/2小匙
アップルサイダービネガー ..... 1/2小匙(お好みの酢でOK)
ナンプラ ..... 1/2小匙 (ヴィーガンの方は入れなくてもOK)
ココナッツシュガー ..... 1/2小匙(お好みの砂糖でOK)
タイム ..... 1/2小匙
 

Ingredient
 

Chinese radish/daikon ..... 1/4
Red onion..... 30g
Chive..... 10cm (Thick green part)
Salt ..... 1tsp
Garlic ..... 1clove
Gochugaru ..... 1/2tsp
Apple cider vinegar ..... 1/2tsp (or vinegar of your choice)
Fish sauce ..... 1/2tsp (omit if vegan)
Coconut sugar ..... 1/2tsp (or sugar of your choice)
Thyme ..... 1/2tsp
 
 

【作り方/How to】

 

 

1、皮をむいた大根、玉ねぎとネギを細切りにします。
1、Peel the daikon with a peeler, and julienne daikon, onion and chive.

 

 

2、大きめのボールに大根、玉ねぎとネギを入れて、塩をまぶして軽くもんで10分寝かせます。
10分経ったら水分を軽く手で絞り出します。
2、In a large bowl toss daikon, onion and chive with salt and et it sweat for 10 mins and lightly squeeze out water.

 

 

3、別のボールに酢、砂糖、ナンプラーとみじん切りしたにんにく、ゴチュガルを混ぜてペースト状にします。
3、In a separate smaller bowl, mix acv, coconut sugar, fish sauce, minced garlic, gochugaru and make a paste.
 

 

 

4、ゴチュガルのペーストを大根ミックスに入れて満遍なく混ぜて完成です。
焼き豆腐、アボカドやお肉に添えると美味しく頂けます。お酒のおつまみとしても良い一品です。
(辛さを調節して1/2小匙のゴチュガルを入れましたが好みよってこの倍の量を入れても良いです)
4、Mix the paste with the julienned vegetables and thyme leaves thoroughly and done!
It makes a great side for your grilled tofu or meaty meal.
(I have lessen the amount of gochugaru to 1/2tsp for this recipe feel free to double it if you like it spicy)
 

 

 

今回使った「笠原良子さん」の器

About the recipe and Yoshiko Kasahara

 

今回ご紹介するのは笠原さんの作品のお皿と箸置きです。
手仕事ならではのあたたかみを感じる作品です。
お皿は作りたいイメージを形にされるそうですが輪花がお好きで、
花弁のところが膨らんだタイプの皿を作られたそうです。
たっぷりかけられた釉薬の光沢がまた魅力的です。
箸置きは椿の実が弾けた状態のを模して作られた作品だそうです。
どちらの作品も笠原さんの自然へ向ける眼差しがみられた気がします。
 

そんな可愛いお皿にのせた今回の大根センチェは本来の韓国の物と少し違います。
韓国では良く作られるおかずで、韓国で「ムセンチェ」と呼ばれていますが、
家によって味が少しずつ違ったりします。
基本的にナムルの一種ですが、甘酸っぱいのが特徴です。
ゴマと胡麻油を使うものもあれば、もっとたっぷりゴチュガルを入れて辛く頂くものもあります。
今回のように玉ねぎやハーブを入れることはほとんどなく、今回ご紹介させて頂くのはさっぱりしたバージョンです。
お肉やグリルしたお野菜にとても良く合う一品なので是非試してみて下さい。
 

Yoshiko Kasahara is a Masuko ceramist currently residing in Tochigi prefecture.
And todY, I have the pleasure of introducing a flower motif plate and chopstick rest made by Yoshiko Kasahara, a piece very different from what I introduced last time I used her ceramic.
Yoshiko gets her inspiration from nature and her love for flowers leads her to make this beautiful plump plate and chopstick rest inspired from Japanese camellia seed pods.
You can see how much nature plays a big part in her work.
And with the introduced beautiful flower, I have put together a daikon "saengchae" recipe that goes with thyme leaves. It is inspired from Korean side dish called "mu-saengchae" which has a variety of versions but probably not often with thyme.
Korean food with thyme? I know how it sounds but it's worth a try and you will see what I mean, because you would want a second serving.
I hope you get to try it and enjoy.
 

 

 

 

笠原良子さんについて

埼玉県鴻巣市に生まれる
1998 日本大学芸術学部美術学科 卒業
2000 栃木県立窯業指導所伝習科 卒業
※益子 故 島岡達三氏に師事
2006 栃木県芳賀郡茂木町に築窯 独立
2014 栃木県芳賀郡市貝町に移築
各地で個展、師弟展、グループ展を開催

 

 

笠原良子

Instagram:@yoshikosoolaa
ブログ:http://soolaa.blog.jp/
「ネコとやきものの生活」

Online Store:https://cole-selection.online/collections/yk

International shipping is available.

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事