Recipe Developer:Pascale/Product Provisiona:笠原良子

 

梅干しもやしロール

 

Umeboshi Bean spout rolls

 

 

レシピ

 

材料

 

油揚げ ..... 2枚
大葉..... 6枚
もやし..... 1パック
白ごま ..... 大匙 ½
ニラもしくは小ネギ..... 6本
大きめの梅干し ..... 2個
みりん ..... 小匙 ½
白だし ..... 小匙 ½

 

Ingredient

 

Deep fried tofu pouch ..... 2 pcs
Shiso ..... 6pcs
Bean sprout ..... 1 pack(250g)
Toasted white sesame ..... ½ Tbsp
Chive ..... 6 pcs
Big sized umeboshi ..... 2 pcs
Mirin ..... ½ tsp
Shiro dashi ..... ½ tsp

 

 

【作り方/How to】
1、鍋に湯を沸かし、もやしを入れて2分程度中火ゆで、水にさらして水気を良く絞ります。
2、ニラをお湯に潜らせて柔らかくしておきます。
3、梅干しは種をとって包丁で細かく刻んで、みりん、白だしと白ゴマともやしを和えます。

 

1、In a hot boiling water heat a pack of bean sprout for 2 mins. Then sieve under cold water and squeeze out water as much as possible.
2、Dip and soften chive in hot boiling water and place it aside.
3、Pit the umeboshis, mince and mix with mirin, shiro-dashi, white sesames and toss well with bean sprout.

 

 

4、油揚げはハサミで切り口を作って穴が開かないようにやさしく四角になるように開来ます。

 

4、Cut into the deep fried tofu pouch with a pair of scissors and carefully cut through while you open it up to get a flat square sheet as you see in the photo.

 

 

5、開いた油揚げをまきすの上に乗せ、その上に紫蘇を横に3枚重なるように並べて梅干しで和えたもやしの半分を載せて巻きます。

 

5、On a sushi wrapper, lay the opened deep fried tofu then lay 3 shiso leaves and lay half the amount of umeboshi bean sprouts and roll.

 

6、巻いた油揚げを油を引いてないフライパンにカリカリになるまで転ばせながら焼きます。

 

6、Heat the roll on a dry fried pan till it is golden brown, the tofu will turn crispy.

 

 

7、写真のように三箇所をニラで結んで三等分に切って完成です。
※出汁が苦手な方はお醤油で対応できます。
◎ポイント: 作ってすぐ食べる方が外側がカリカリして美味しく頂けます。

 

7、wrap and make a knot in three places as shown, slice into 3 pieces and you are done!
※you can substitute dashi to any kind of soy sauce of your choice.
◎It is best to eat right after it is cooked to enjoy the crispy skin.

 

 

 

 

今回使った「笠原良子さん」の器

 

 

今回ご紹介するのは笠原さんの作品の花模様のお皿です。
繊細でありながらゆったりとした感じが漂う作品です。

 

お料理がのるお花模様のマットグレー表面、
くるりと回したら表情を変える光沢の飴色の表面、笠原良子さんの遊び心も感じるのは私だけでしょうか。

 

そんなお皿にのせてみたお料理はカリカリの油揚げと甘酸っぱいシャキシャキもやしで楽しむ一品です。

 

お腹に優しいグルテンフリーなおかずとしても、おつまみとしてもおいしくいただけます。
しっかりしながら柔らかい印象を与える魅力的な笠原良子さんのお皿、如何でしたか。
美しいお皿でありながらお料理を引き立てる色味に優しさを感じますね。
毎日使いたい器です。

 

Yoshiko Kasahara is a Masuko ceramist currently in Tochigi prefecture. 
Yoshiko’s grey 16cm plate is elegant yet casual and the plate is adorned with flower pattern carved on the top surface. Ordinary? Nope, you haven’t seen it all.
The surface underneath is a complete different façade with a shiny caramel touch.
The playful difference is such a charm, as if it lets us to peek into Yoshiko’s world of ceramic.

As for the recipe, this is a gluten free umeboshi recipe, something I wanted it to have two sides of its own. A crispy fried tofu which flatters the juiciness of sweet and sour of umeboshi flavored bean sprouts. So that it matches Yoshiko’s two sided plate, may be not as elegant but definitely just as interesting.
I hope you will get to try it one day.

 

 

 

 

笠原良子さん

 

埼玉県鴻巣市に生まれる
1998 日本大学芸術学部美術学科 卒業
2000 栃木県立窯業指導所伝習科 卒業
※益子 故 島岡達三氏に師事
2006 栃木県芳賀郡茂木町に築窯 独立
2014 栃木県芳賀郡市貝町に移築
各地で個展、師弟展、グループ展を開催

 

Instagram:@yoshikosoolaa
ブログ:http://soolaa.blog.jp/
「ネコとやきものの生活」

Online Store:https://cole-selection.online/collections/yk

International shipping is available.

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事