cook:Pascale/utuwa:柴田徳商店

 

ココナッツチョコもなか
Coconut chocolate monaka in traditional Hakata Magemono [Gluten free, Vegan]

 

 

レシピ

 

 

材料

 

もなかの皮(米粉使用) ..... 30-40枚ほど

イチゴ ..... ½パック(お好みで)
ココナッツクリーム ..... 180g

板チョコ ..... 90g
ブラックココア ..... 大匙1
(通常のココアでも可)

 

Ingredient

 

Monaka shells(rice flour based) ..... 30-40 pcs
Strawberries ..... Half a small pack
Coconut cream ..... 180g
Chocolate bar ..... 90g

Black cacao powder ..... 1Tbsp

 

 

 

【作り方】
1、刻んだ板チョコを耐熱ボウルに入れ、湯煎して固体が残らないように溶かして粗熱を取ります。
2、ココナッツクリーム(24時間冷やした物、液体は使わず固形のみ使います)、溶かした板チョコ、ココアを滑らかになるまで混ぜます。
3、冷蔵庫に‪2時‬間ほどねかします。
4、もなか皮に2で作ったココナッツチョコクリームを詰めて完成です。
※イチゴは刻んで挟んでも、モナカに添えても良いです。

 

◎ポイント: 作ってすぐ食べる方が美味しく頂けます。

 

【How to】
1、Place chopped chocolate in a heatproof bowl set over a saucepan of simmering water. Stir occasionally until just melted and set aside to cool slightly (not too warm but still runny).
2、Mix chilled coconut cream (chill in the fridge for over 24 hours, only use the fat that is hardened but not the liquid) , melted chocolate and cacao powder until smooth.
3、Chill for another two hours in the fridge.
4、Fill monakas shells with coconut chocolate cream. (Monaka shell are available at bake-goods stores in Japan)
※Either fill the monakas with cut up strawberries along coconut chocolate cream or enjoy strawberry as your side.

 

◎It is best enjoyed right after the monakas are filled. Otherwise they can get soggy.

 

 

今回のスイーツは、米粉でできてるモナカの皮と乳製品不使用のチョコクリームなので、ヴィーガンでもあります。
お腹に優しい米粉で出来てるスイーツ!
肌にも良いくて免疫を上げてくれるココナッツミルクを使いました。
モナカの皮がない場合はチョコクリームをパンに塗って食べても美味しいく、使いやすいレシピでおすすめです。
アレルギーを持ってる方にも優しいレシピなのでどうぞ試してみて下さい。

 

Making sweets have always been a tricky business with no this and no that considering the health benefits. This recipe may have some sugar from chocolate bar (but you can always use healthier chocolate bar of your choice) I find there are more benefits than thumb-down-factors. The monaka shells are gluten free, in the hopes getting your gut a break to lessen any pressure for your gut environment and the coconut chocolate cream is full of goodness that is antioxidant, rich in minerals with benefits for your hair and glowing skin. If you are short of any monaka shells the chocolate coconut cream alone is an excellent spread for your bread and cakes or muffins alike (it can even be used as icing!) and even if you are not interested in health benefits, it is still a crowd pleaser and an excellent choice for anybody with food allergies. I truly hope you will enjoy the recipe as much as I do.

 

 

 

今回使った「柴田徳商店さんの博多曲物」

 

 

関東では曲げわっぱと呼ばれる福岡を代表する伝統工芸、「博多曲物」(はかたまげもの)は杉の美しい木の真っ直ぐな目を生かして技と伝統を受け継いだ博多曲物師が作り上げる容器です。
曲物の木の香り、そして持った時の心地いい肌触りは曲物の優しさを語ります。
それはきっと、口に入る物だからこそ木をお湯で曲げて、桜の木の皮で縫い閉じた、自然の贈り物だけを使う作り手のつくり方に潜んだ優しさを語っているからだと思います。
使ってみて江戸時代から300年の伝統の中でお祝いこと、神事やお茶の席でも使用して来た曲物容器を普段使える事に幸せを感じました。

 

 

博多曲物の由来

 

博多の筥崎八幡宮は、大分の宇佐八幡、京都の石清水八幡宮と並び日本三大八幡と呼ばれ、広く崇敬を集める大社です。
その西にある門前町のひとつ馬出で昔、応神天皇ご誕生の際、胞衣箱として奉納された故事から曲げ物作りが始まりました。やがて庶民にも親しまれ、江戸時代には貝原益軒の「筑前国続風土記」で紹介されるほどとなり、三百年の伝統を誇っています。
柴田徳五郎司は福岡市無形文化財の指定を受け、博多曲物の職人技として広く市民に親しまれ、愛され続けています。

 

Magemonos are traditional wooden containers that come in various sizes and shapes.
An impressive 18 generations have continued to make these since the Edo period for the past 300 years in Shibata family. The containers display beautiful vertical lines which are the growth rings of the cedar wood showing off their natural colors. Magemonos are smooth to touch and have pleasant but light cedar wood frangrance to them. They are delicately put together only using natural ways without any metal as they are only bound by cherry blossom tree strips to hold our sacred source of energy, our food. These magemonos were initially used in special ceremonies and on a special events but today we have the luxury to use them as bentos and containers to fulfil our delights.

 

 

・小物入れ 小
・一合用食器及び弁当箱
・通い盆 20cm
・ぐいのみ
・もり器

 

柴田徳商店さんをCOLE編集部が取材をさせていただきました。
記事はこちらから

 

 

一部引用

 

 

有限会社柴田徳商店
〒812-0054 福岡市東区馬出2-22-22
TEL:092-651-0470
HP:https://www.shibatatokushouten.com

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事