賞美堂の磁器製フィギュアブランド「momoco(モモコ)」

 

ファーストコレクション「momoco bear(モモコベア)」は、縁起のよいモチーフとして世界中から愛される「クマ」に有田焼の様々な加飾を施しています。

 

2018 年 9 月より賞美堂本店が展開する磁器製人形のオリジナルブランド。
共通のクマのボディに、有田焼の作家、窯元とのコラボレーションによる多彩な技巧を表現、これまで全22種を発表されています。

 

その中からこちらのピンクとグリーンのmomoco bearは、2020年4月に発表された新作、吉祥古伊万里(JAPAN AUTUMN)と吉祥古伊万里(JAPAN TEA)です。

 

 

日本茶をイメージした「JAPAN TEA」
日本の美しい紅葉をイメージした「JAPAN AUTUMN」

 

モダンな配色で日本らしさを表現され、ベースは、門外不出の絵の具を刷毛巻にて施した、上品なマットな質感が特徴です。

 

 

こちらは、定番の「吉祥古伊万里」
江戸・明治期に多く用いられた吉祥文様を「上絵転写」ならではの精緻な表現力を使って制作。
縁起のよい12種の文様がmomoco bearを彩っています。
古伊万里の伝統を継承しつつ、モダンな生活空間にも調和するよう鮮やかな色を取り入れ、グラフィックデザイナー 魚岸由佳氏がデザインを担当されています。
そして200年余の歴史を持つ窯元、アリタポーセリンラボが制作を担いました。

 

 

有田焼の美と技を伝えるフィギュアブランド「momoco」の名前の由来は、株式会社賞美堂本店の蒲地桃子社長のお名前から。
日本の素晴らしい伝統の技 有田焼と、女の子が子供のころ愛着を持ったテディベア
そして私の大好きなアンティークの世界観にもマッチするmomoco bear。
きっと桃子社長は素敵な社長さんなのだと思います。
コロナが落ち着いたら、有田へぜひお会いしに行きたい社長さんです!

 

 

おうちで転写ワークショップを体験しました

 

オリジナルブランド momoco のクマ型の有田焼「momoco bear」に窯元で使用されずに眠っていた転写紙を用い、自分だけの作品を作ることができる体験キットです。
在宅時間の楽しみを広げるほか、離れて暮らす家族に体験キットそのものを贈ったり、完成品を届けるなど、コミュニケーションツールにもなります。

 

 

真っ白なmomoco bearと有田焼に使用される転写紙 約10種が配送されてきます。
ご自宅で説明動画を見ながら作品制作を楽しみ、賞美堂本店へ返送します。
返送された作品は協力窯元にて焼成、完成品がお届けされます。

 

 

沢山のデザインの中から、ひとつひとつ選んで配置・・・
とっても迷いました!

 

どんなmomoco bearが焼き上がるかは、次回の記事でのお楽しみに。

 

 

コラム記事内のmomoco bearは、COLE selectionよりご注文いただけます。

Online Shopはこちらからです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事