cook:MANAMI/utuwa:岩鋳

 

伝統工芸 南部鉄鍋のキャセロールで作る簡単レシピ アヒージョをご紹介します。

 

cook:MANAMI/utuwa:岩鋳

 

レシピ

材料
むきえび ..... 120g
マッシュルーム ..... 4個
エリンギ ..... (小)10本
にんにくのみじん切り ..... 3片分
オリーブオイル ..... 適量
塩レモンアヒージョの素 ..... 1袋

 

※好みのバゲット ..... 適量

 

 

【下準備】
マッシュルームは縦半分に切る
エリンギも縦半分に切る
えびは竹串で背わたを取る

 

 

【作り方】
1、鍋の半分までオリーブオイル入れて火にかける
2、塩レモンアヒージョの素をくわえる
3、にんにくを加えうすく色づいたらえびを加えて、軽く混ぜる
4、えびの色がところどころ変わったら、マッシュルーム、エリンギ、ブロッコリーの順番に加え、全体に油をかけながら 約1分煮る

 

※お好みのバゲットを食べやすく切って添え、オイルをつけながら食べる

 

 

岩鋳 IWACHUついて

創業者 : 岩清水末吉
■1887年 (明治20年)盛岡市山王町に生まれる 南部鉄器職人のもとへ弟子入り ほどなく末吉は頭角をあらわし、業界でも腕の立つ技術者として知られるように。
■1902年 (明治35年) 4年の修行を終えた末吉は市内で創業 1950 (昭和25年) 岩清水鋳工所を設立し、新工場を建設 増産体制が整うとともに、長男(彌吉)と次男(多喜二)は販路開拓に取り組みます。
◎北海道での営業により鉄瓶が爆発的ヒットとなり、今日に続く岩鋳の土台が築かれる。
■1955年〜(昭和30年代)には生活様式の変化や合金類の普及に押され南部鉄器は減産を余儀なくされたましたが、彌吉社長はいちはやく工芸品や日用品の開発に着手。 機械化による大量生産体制を確立するために、市内川久保に新たな工場を完成させる。
■1970年〜(昭和40年代後半) 南部鉄器業界初のオートメーション化が図られる。
製造工程の見学が実現し、工場は盛岡市の観光コースの一つとして定着。
■1974年 (昭和49年)上飯岡に新工場が竣工し、デザインから出荷までの生産ラインを持つ業界随一の飯岡工場が誕生。

 

 

今回使用したキャセロール

 

 

CUROCO キャセロール20cm(浅型)

 

蓋の裏の突起が蒸発するブロス(うま味成分)を振りかけながら調理します。

 

※今回はオリーブオイルを使うアヒージョなので、蓋は使用しません。

 

 

内径19.5cm
奥行4.3cm
幅W27×D20×H10cm
重量約2.2
材質:鋳鉄(シリコン焼付塗装)
日本製(made in Japan)🇯🇵

 

 

シンプルですが持ち手や蓋のつまみのデザインが可愛いキャセロールです。

 

 

岩鋳 HP ▶︎ https://iwachu.co.jp/

 

〒020-0863
岩手県盛岡市南仙北2丁目23-9
TEL.019-635-2501 
FAX.019-635-5248

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事