熱燗やお湯わり、
ほっと一息楽しむことができる冬のお酒。
温かいお酒を入れるための
お気に入りの酒器はお持ちですか?

 

陶芸家 田村一さんが作る酒器は、
取手がついていたり
模様が立体的で手から
滑りにくい形状の作品が多いです。

 

そして、天草の真っ白な陶土を使い、
ブルーがかっている作品もあります。
冬の雰囲気にぴったりですよね。
それでは5選ご紹介していきます。

 

 

作品名「マグ deer horn」
"deer horn"は鹿のツノという意味です。

 

日本では鹿のツノは幸福を運んでくれる
縁起物として親しまれてきました。
こちらのマグを使っていると福が訪れそうですね。

 

 

小ぶりなコップです。
ブルーの釉薬が垂れたような
かかり方をしています。

 

垂れて溜まった釉薬を光に当てると
艶々としておりとても美しいですよ。

 

 

deer horn ピンクの釉薬と
日本酒 新政の籾殻を燻してでた
グレーに染まるタイプの器です。

 

ピンク色が可愛らしく
日本酒好きの女性にもおすすめです。

 

 

深さがあり、たっぷりとお酒が入る酒器です。
そして、横に流れるように立体的な模様があり
お酒を注ぐときに手が滑りにくいです。

 

ほろ酔いでうっかり!
なんてことが減るのは嬉しいですね。

 

 

お酒と一緒におつまみを入れる器はいかがですか?
同じ作家さん通しで合わせると
テーブル上がより美しくなり
気分もいつもよりアップ!

 

 

Online Store:https://cole-selection.online/collections/ht

 

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事