一体「感性」とは何なのでしょうか?

 

感性を磨きたい、素敵な感性がほしい、そう思ったことは一度はありませんか?

 

感性と聞くと、アートやデザイン、美術を想像するかと思いますが
言葉や文章、考え方も感性のひとつです。

 

そのような物事に対して、どのように感じるか、どのように受け止めるか、そしてそれをどう表現するかそれが感性です。
感性は日々の日常がつくりあげたものです。
これから紹介する、感性を磨く方法はどれも今日から実践できる方法なのでお試しください。

 

 

一流のもの、本物に触れる

様々な世界を見ることで、その中でも自分はどんな世界にいたいのか?
どこを目指したいのか、どこが落ち着くのかなど幅広い選択肢をもつことができます。
中でも、一流のものや本物に触れることで、心眼美を鍛えることができるので、偽物、ネガティブなものを避けることができます。
または良いものを知った上で、自分で選択し、表現をすることができるようになるのです。

 

 

本や文章を読む

映像のない二次元は、想像力を働かせてくれます。
小説を読むことで、その場面を頭の中で想像します。
新聞やビジネス書を読むことで、今まで使ったことのなかった言葉や表現を知ることができます。
こうした新しい言葉や表現をインプットしたら、忘れずにアウトプットすることで自然とその言葉を使うことが身につきますのでぜひお試しください。

 

 

一人で考える時間をつくる

家族や友人、仕事仲間、人と一緒にいると楽しいことやインプットもありますが、自分の考えを整理することができません。
時には、外からのものごとだけでなく、自分自身の意見を考える時間も必要です。
こうした時間をつくることで、他の人とは違う、たった一人の自分の感性ができあがるのです。

 

 

自然に触れる

自然は心に余裕を持たせ、豊かな気持ちにさせてくれます。
感性を磨くためには、豊かな心が必須です。
緑のない場所にいると、少し窮屈な気がしませんか?
そんな窮屈な気持ちでいると、豊かな心は生まれません。
都会にいる方は、1ヶ月に1回でも自然に触れる時間をつくりましょう!

 

 

いかがでしたか?いくつ普段から行っていましたか?
どれも難しいことではなく、今日から動くことができます。
感性を磨きたい方は今日から実践しましょう!

 

 

広告

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事