長野県松本市にお店を構える中町氷菓店のかき氷とパイパー・エドシックのシャンパーニュを一緒に楽しめるお店が、虎ノ門横丁に期間限定でオープンしました。
開催期間は2020年8月14日(金)~9月4日(金)

 

この日はオープン初日、かき氷とパイパー・エドシックをいただきました。
中町氷菓店のかき氷は、天然の氷で、大自然が育んだ名水百選「八ヶ岳南麓高原湧水群」の天然水と山梨県北杜市の少雨寒冷な気候を利用して作られています。
とてもフワフワで、やさしい口あたりをしています。

 

 

かき氷は「信州産シャインマスカット」
シャンパーニュは「パイパー・エドシック ブリュット」と「パイパー・エドシック シュブリーム ドゥミセック」をいただきました。
シャインマスカットの程よい甘さと、皮の食感が楽しめます。
パイパー・エドシック ブリュットは今日のような暑い日にとても良いですね!
シュブリーム ドゥミセックはかき氷と、とっても合っていて素敵なペアリングでした。

 

ゆっくり味わっていると、かき氷が溶けてしまうのでご注意くださいね!

 

 

中町氷菓店は、長野県松本市中央でコーヒースタンドとして店を構える「NAKAMACHI CAFÉ STAND(ナカマチカフェ スタンド)」が運営しています。
夏の時期だけ「中町氷菓店(なかまちひょうかてん)」へと店名が変わります。

 

 

かき氷で使用される八ヶ岳の天然水の氷です。
天然氷は、人工的に作られた氷に比べて溶けるのがとても遅く、
なんと約3時間前から店内に出しているのに、これだけしか溶けていないのだそうです。

 

冷蔵技術のない頃、シャンパーニュを保管の際は天然氷を使用していて、数年前まで天然氷を使用していたメゾンもあるのだとか。
天然氷とシャンパーニュは深い繋がりがあったのですね。

 

今回の天然氷が作られている場所、八ヶ岳と
中町氷菓店のある松本市についてご紹介している昨年の記事がありますので、下記よりご覧いただけます。

 

 

期間限定のお店が現れたのは、虎ノ門ヒルズにある虎ノ門横丁。
今年2020年の6月にオープンしたばかり、人気な飲食店の集まる横丁です。

 

 

 

ATELIER KOHTA

 

 

器楽亭

 

 

 

 

鳥茂 分店

 

 

 

大きなワインセラーやジンの蒸留所なども同じフロア内にあります。
お好みのワインを選んで、そのまま飲食店に持ち込みできるのが嬉しいですね。

 

天然氷のかき氷「中町氷菓」+BAR の開催期間は2020年8月14日(金)~9月4日(金) <月曜定休日>です。
残りの夏、どのように楽しもうかと考えていた方、虎ノ門横丁で天然氷 中町氷菓のかき氷とパイパー・エドシックのペアリングをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

中町氷菓 NAKAMACHI CAFÉ STAND

住所:長野県松本市中央2-4-13

HP:http://www.nakamachicafe-stand.com/hyokaten.html

Instagram:@nakamachi_cafe_stand

 

パイパー・エドシック PIPER-HEIDSIECK

HP:https://www.nlwine.com/winery/piperheidsieck/

Instagram:@piper_heidsieck

 

虎ノ門横丁

住所:東京都港区虎ノ門1丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 3F

HP:https://www.toranomonhills.com/toranomonyokocho/

Instagram:@toranomon_yokocho

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事