2020年6月1日に新発売された、リーデル・ワインウイングス シリーズ。
フラットなボトムで空気との接触面を広げてワインの美味しさを引き出す革新的高機能グラスです。

 

ウイングスシリーズは、『ピノ・ノワール』『シラー』『カベルネ・ソーヴィニヨン』『シャルドネ』『リースリング』『ソーヴィニヨン・ブラン』『シャンパーニュ・ワイン・グラス』の7タイプ、品種ごとにグラスが分かれております。

 

今回、写真でご紹介しているのは『シャンパーニュ・ワイン・グラス』です。

 

 

ワイン ウイングスの特徴

 

フラットなボトムでワインと空気の接触面を広げ、さらに立ち上がった香りをしっかりと鼻まで届けることができるカーブを併せ持つ革新的な高機能グラスです。

 

 

FINE RIM 繊細に仕上げられたリム(縁)
レーザーでカットされ、磨かれた飲み口。
口の中に入っていくワインの流れを適切に調整し、繊細な口当たりを楽しめます。

 

SENSORY WORKSHOP 五感を使ったワークショップ
グラスの上部1/3は、リーデルが長年開発し続けてきた従来の卵形をしています。
この形状は、ワイン生産者と共に繰り返し行なっているワークショップ(テイスティング)で決定されています。

 

THE CURVE 独特なカーブ
大きく広がったボウル部分と窄まった口径のバランスをとるために作られた独特なカーブ。
ワインの香りとアロマを最大限に引出します。

 

FLAT BOTTOM 平らな底
ワインと空気の接触面を最大限に広げるフラットなボトム。
空気と触れ合わせることで、眠っていたアロマを呼び覚まします。

 

SEAMLESS STEM 繋ぎ目のないステム
大きな台座とボウルの間に美しく伸びる細いステム(脚)は、繋ぎ目がなく、心地よい手触りを楽しめます。

 

DISHWASHER PROOF 食器洗浄機可

 

 

シャンパーニュ
ワイン・グラス

 

『シャンパーニュ・ワイン・グラス』
トースト香の甘く繊細なアロマをさらに豊かにするグラス。
口の中は官能的な味わいが広がり、勢いよく立つ小さな泡のクリーミーなテクスチャーで満たされます。

 

 

ワインウイングスのグラスにシャンパーニュを注ぎ、麻布十番庵のあんみつと合わせました。
あんみつは夏の涼しさを感じる、ヨーロッパのアンティークのガラスの器へ。
カトラリーは、群馬県産の竹を燻て制作している、こくたんみんみ 山崎明氏の和風スプーン。
和モダンなおやつタイムをお楽しみください。

 

 

Riedel Ginza
〒104-0061
東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F
Tel: 03-6264-6128
HP:https://www.riedel.co.jp/shop/ginza/
Instagram:@riedelginza
お求めはこちらからできます。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事