常設展/photo:甲賀市信楽伝統産業会館

 

山懐に抱かれた信楽。
人々の暮らしとともに様々な焼き物がつくり続けられています。

 

ある人は、信楽焼の壷の表面にみられるさまざまな「景色」から、信楽そのものの風景をみたといいます。
またある人は、信楽焼の狸のユーモラスな表情から、幼いころのことを思い出したといいます。
またある人は、信楽焼のタイルでつくられた日本万国博覧会の巨大なモニュメント「太陽の塔」の「過去の顔」に日本の未来を感じたといいます。
鎌倉時代から現代に至る様々な表情を持つ信楽焼の歴史をご覧いただけます。

 

第1幕/鎌倉・室町時代の信楽焼 第4幕/明治・大正・昭和時代の信楽焼
第2幕/桃山時代の信楽焼 第5幕/現代の信楽焼
第3幕/江戸時代の信楽焼

 

 

「日本遺産」日本六古窯 信楽焼
「日本六古窯」とは、中世に生まれ現代まで継続している6つの焼き物産地の総称です。
人類は、1万年以上前から、土を選び、水を加えて形をつくり、火で焼き固め、焼き物をつくってきました。
そうした歴史の流れの中で、豊かな良質の原料に恵まれた信楽では、中世(13世紀頃)から現在に至るまで、独自の進化を遂げながら、焼き物づくりが続いています。
これら日本六古窯の現在に至る営みが、魅力的なストーリーとして「日本遺産」に認定されています。
2019年秋から始まるテレビドラマの舞台にも決定した信楽の歴史や、古から受け継がれてきた信楽焼の技術や伝統、そして作品がご覧いただけます。

 

一年を通して企画展も開催しております
甲賀市信楽伝統産業会館

 

 

所在地

甲賀市信楽伝統産業会館
住所:529-1851
滋賀県甲賀市信楽町長野1142
アクセス:
●電車ご利用の場合
信楽高原鐵道信楽線 信楽駅下車 徒歩約10分
●お車ご利用の場合
新名神高速 信楽ICより国道307号経由で約10分
TEL:0748-82-1142
営業時間:午前9時~午後5時
休館日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日休館)
年末年始(12月28日~1月3日)
駐車場:あり
オフィシャルサイト:http://www.city.koka.lg.jp/shigarakiyaki/
展示情報・最新情報:http://www.city.koka.lg.jp/item/9358.htm#itemid9358

 

photo:甲賀市信楽伝統産業会館

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事