cook:MANAMI/utuwa:小澤基晴

 

3分あれば作ることができる台湾の定番朝ごはん鹹豆漿(シェントウジャン)。
寒い日の朝ごはんや、小腹が空いた時のおやつがわりにもぴったりの簡単レシピをご紹介します。

 

器は小澤基晴さん。
1974 東京生まれ
2002 多治見工業陶磁科学芸術科修了 製陶会社勤務
2005 多治見市に築窯 鎌倉にて初個展
2007 現在地に工房移転 岐阜県土岐市にて制作

 

★使用した器
翡翠 リム皿七寸
翡翠 リム皿五寸
翡翠 スープボール

 

レシピ

材料/2名分
無調整豆乳.....200cc

 


黒酢(なければ酢.....小さじ2)
ごま油.....適量
醤油.....小さじ1
桜えび.....適量
ザーサイ.....適量

 

~トッピング~
三つ葉.....適量(パクチーの代用)
小ねぎ.....適量
ラー油.....適量

 

 

【作り方】
①ⓐを混ぜ合わせ器に入れる。
②ザーサイは千切りにしておく。
③フライパンにごま油、ザーサイ、小えびを入れさっと炒めたら、①の器にいれる
④無調整豆乳を沸騰直前まで加熱する
⑤①の器に④を注ぎ豆乳が固まってきたら、トッピング類やラー油はお好みで
⑥豆乳を温めて、器に注ぐだけでまるで、とろけるおぼろ豆腐のような食感の鹹豆漿(シェントウジャン)の完成

 

豆乳は必ず【無調整豆乳】を使ってください。
豆乳には、ビタミンB、Eなど美肌効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。
また、豆乳に含まれる大豆たんぱく質は、余分な脂質と結び付くことで血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があると言われています。
豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」に似た働きをするので、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。

 

台湾の揚げパン 【 油条 】をちぎりながら
鹹豆漿(シェントウジャン)に浸して食べるのが定番で、とても美味しくいただけます。

 

 


MANAMI

 

 

instagram:@bigmom10

 

フードクリエイター
楽しく作って楽しく食べるをモットーに日々お料理に励んでいます。
これは苦手な食材と言われると「食べれた!美味しい!大好きになった!」と言って食べてくれまで、相手の笑顔を思い浮かべながら試行錯誤を繰り返します。苦手を克服できるレシピ開発に挑むのが好きです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事