cook:MANAMI/utuwa:岩鋳

 

伝統工芸 南部鉄鍋で作る簡単レシピ「ロールキャベツとじゃがいもの洋風おでん」をご紹介します。

 

【 岩鋳 】
創業者 : 岩清水末吉
■1887年 (明治20年)盛岡市山王町に生まれる 南部鉄器職人のもとへ弟子入り ほどなく末吉は頭角をあらわし、業界でも腕の立つ技術者として知られるように。
■1902年 (明治35年) 4年の修行を終えた末吉は市内で創業 1950 (昭和25年) 岩清水鋳工所を設立し、新工場を建設 増産体制が整うとともに、長男(彌吉)と次男(多喜二)は販路開拓に取り組みます。
◎北海道での営業により鉄瓶が爆発的ヒットとなり、今日に続く岩鋳の土台が築かれる。
■1955年〜(昭和30年代)には生活様式の変化や合金類の普及に押され南部鉄器は減産を余儀なくされたましたが、彌吉社長はいちはやく工芸品や日用品の開発に着手。 機械化による大量生産体制を確立するために、市内川久保に新たな工場を完成させる。
■1970年〜(昭和40年代後半) 南部鉄器業界初のオートメーション化が図られる。
製造工程の見学が実現し、工場は盛岡市の観光コースの一つとして定着。
■1974年 (昭和49年)上飯岡に新工場が竣工し、デザインから出荷までの生産ラインを持つ業界随一の飯岡工場が誕生。

 

 

レシピ

材料 / 4人分
紫キャベツの葉 ..... 9 〜 10枚
豚挽肉 ..... 350g
玉ねぎ(みじん切り) ..... 中玉 1個分
人参 (摩り下ろし) ..... 小 1本
ニンニク(摩り下ろし) ..... 小匙 1
塩、コショウ ..... 少々
固形コンソメ ..... 3個
水 ..... 300cc
赤ワイン ..... 60cc
ローリエ ..... 2枚

 

ジャガイモ (メークイン ) ..... 5 〜 6個
オリーブオイル ..... 大匙 3

 

 

 

【作り方】
1、洗った紫キャベツの葉を600wのレンジで2分チンする
2、ボールに豚挽肉、みじん切りした玉ねぎ、人参、ニンニク、塩コショウを入れよく捏ね、9 〜 10当分に分け俵形に整える
3、チンしたキャベツの葉に②のタネを置き包み込む
4、シリコンのスチームケースに③のロールキャベツを詰めて600wのレンジで5分チンする
5、チンしたロールキャベツを鉄鍋に移す
◎その時に出た煮汁は捨てずに別の鍋に移しておく。(スープに使用)
6、煮汁を入れた鍋に、水、コンソメ、紫キャベツの切り落とした芯や葉を入れ沸騰したら火を止め赤ワインを加えそのまま粗熱を取る
(粗熱が取れたら一度濾して下さい。)
7、その間にジャガイモに細かく切れ目を入れる。下まで切らないようにジャガイモの両端にさえ箸を置いてきる
8、オリーブオイルを引いたフライパンに、ジャガイモを入れキツネ色になるまで焼く
9、鉄鍋にジャガイモを入れる
10、ローリエの葉を二枚入れ⑥のスープを鍋にいれる

 

 

 

◎ひたひたになるようにスープを注ぐ

 

 

11、蓋をし鍋を火にかけて20分程煮たら出来上がり

 

◎下処理で熱が入っているので煮込み時間は調整して下さい。

 

 

▽今回使用した 岩鋳 キッチンウエア

 

 

■岩鋳 ジャパンブランド 楕円鍋
オーブンでの使用に適した楕円形です。

 

W34.1×D18.8×H10.7cm
重量 約3.9㎏
IH対応

 

■材質
材質:鋳鉄(シリコン焼付塗装)

 

日本製 (made in Japan 🇯🇵)

 

鶏、魚を丸ごと蒸し焼きやローストに。
オーブン料理にぴったりのお鍋の形です。
煮込み料理にも勿論、使えます。

 

 

岩鋳 HP ▶︎ https://iwachu.co.jp/

 

〒020-0863
岩手県盛岡市南仙北2丁目23-9
TEL.019-635-2501 
FAX.019-635-5248

 

 


MANAMI

 

 

instagram:@bigmom10

 

フードクリエイター
楽しく作って楽しく食べるをモットーに日々お料理に励んでいます。
これは苦手な食材と言われると「食べれた!美味しい!大好きになった!」と言って食べてくれまで、相手の笑顔を思い浮かべながら試行錯誤を繰り返します。苦手を克服できるレシピ開発に挑むのが好きです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事