日本のものづくりにこだわったネットショップ CRAFTSTORE(URL:https://www.craft-store.jp/)と福岡市中央区にあるRistorante fanfare(リストランテファンファーレ)がコラボした『日本の器コース』が2019年5月13日より開始いたしました。

 

 

伝統と創造で五感を刺激する新しい「食体験」

 

 

福岡市中央区にある『Ristorante fanfar(リストランテファンファーレ)』は伝統と創造をコンセプトに2017年に開店。九州の厳選素材がイタリアの感性を紡ぎ五感を刺激します。
Ristorante fanfarがめざす“食”は「五感をデザインする」こと。味覚だけでなく、視覚、嗅
覚、聴覚、触覚のすべてからアプローチすることで、より深い味わいを、より愉しめる“食
の時間”をプロデュースいたします。

 

 

歴史ある有田焼の新たな解釈

 

400年以上受け継がれる技術とデザインでつくる有田焼の食器ブランド「1616/arita japan 」。
伝統を踏襲しながらも国内外のプロダクトデザイナーを迎え新たなものづくりに挑戦しています。
オランダのデザイナー「ショルテン&バーイングス」による「S&B Flat Plate」日本の伝統色をリサーチし再構築した器です。

 

 

八角形とマットな白がアイコニックな波佐見焼「eni」

 

福岡在住のデザイナーYuki Ideと波佐見焼の窯元「菊祥陶器」のコラボレーションによる器「eni(エニ)」。
末広がりの八角形に円満のメッセージを込めて真ん中に円を配したかたち。マットな白と釉薬をかけていないふちの素地がナチュラルに見せてくれる。

 

 

屋根から食卓へ「安田瓦」の新たな価値

 

瓦の一大産地である新潟県阿賀野市に看板を掲げている「丸三安田瓦」。安田瓦を新しい形で知ってもらいたいという想いで、立ち上げた新ブランド「TSUKI」は、銀鼠色の奥ゆかしい輝きが特徴。静かな存在感で上質な食卓を演出します。

 

 

水面を写し取ったかのようなガラスの器

 

水面にうかぶ波紋をそのまま形にとどめたガラスのお皿「oval」。
千葉県にある「Sghr(スガハラ)」の作品です。スガハラの職人さんたちは決まって、「ガラスは生きている」と語ります。ガラスと真剣に向き合い、対話をすることで生まれるガラス製品は、本当に命が吹き込まれているかのよう。

 

 

自在に曲げられる錫のプレート

 

富山県高岡の伝統技術でつくられた錫のプレート「RATIO STONE」。
表面は、二種類の紙の質感を写し取ったリバーシブルのデザインになっています。刻印がある面は越前和紙。そして反対側の面はイタリアの水彩紙から。日本とイタリアの工芸が融合したデザインです。

 

 

店舗情報

店名:Ristorante fanfar(リストランテファンファーレ)
期間:5月13日(月)開始
営業時間:18:00〜22:30(L.O. 21:00)不定休
住所:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-10-39 2F
電話:092-707-0650
※お電話にてご予約ください。
コース名:『日本の器コース』
公式Instagram:https://www.instagram.com/ristorante_fanfare/
※メニューやお皿の組み合わせは、季節によって異なります。

 

CRAFT STORE

「めぐり会う。日本のいいもの、いい暮らし。」をコンセプトにしたネットショップ。日本の伝統工芸やメイドインジャパンの器や日用品など63ブランド550点ほどの商品をお取り扱いしています。
公式サイト:https://www.craft-store.jp/
instagram:https://www.instagram.com/craftstore.jp/

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事