location:東京ミッドタウン/photo:COLE

 

東京ミッドタウン・デザインハブ(港区赤坂)で、特種東海製紙株式会社主催による、東京ミッドタウン・デザインハブ特別展「紙わざ大賞展ー『紙』の可能性を追求するアートコンペティション」を2019年5月16日(木)から6月5日(水) まで開催している。

 

紙わざ大賞展は、「本当に紙なの?」「紙」を素材とした自由な発想と創作をテーマとするアートコンペティション。その歴史は1991年に始まり、毎年全国各地から作品が寄せられ、これまでの応募総数は4000点を超える。

 

―紙は暮らしのなかでもっとも身近な素材―

 

開催期間中の5月28日(日)朝8:00-9:15
東京ミッドタウン・デザイン部により「朝のギャラリーツアー」が行われた。
講師は、廣村正彰(本展アートディレクション / 東京ミッドタウン・デザイン部部長)・尾崎光明(特種東海製紙株式会社 執行役員営業本部長)

 

様々な作品がある中で、「食」に注目してギャラリーツアーへ参加した。

 

「カラッから」長谷川克夫/photo:COLE

 

素材は段ボール。応募作品の中で段ボール素材の作品は特に多いのだそう。

 

「命の彩り」正村美菜子/photo:COLE

 

~ある3ヶ月の食の記録~
こちらは3カ月間にうちに食べた食物の繊維を紙にした作品。
毎日の食材の記録も一緒に残されている。

 

「寄せ木のショコラ」寺門晃代/photo:COLE

 

ショコラの詰め合わせ。木材でできているように見立てた紙素材の作品。
もともとの紙の色を活かして作っているそうだ。

 

「茶碗二点」秋山謙二/photo:COLE

 

土ものに見立てた紙でできている。

 

展示の作品は第1回~第28回までものだが
現在「第29回紙わざ大賞」の作品募集をしている。(2019年9月1日まで募集予定)
大賞賞金は50万円
エントリーはこちらから

 

今回「食」へ目線を向け注目をしたが、他にも絵画やアートな立体作品、特種東海製紙株式会社から出ている特殊な紙やティッシュペーパー、トイレットペーパーなどでできた作品が展示されている。
デジタル化が進む中で紙に文字を書くということが減ってきているものの、生活の中で一番身近にある素材「紙」。
こちらのイベントを通して、様々な紙素材の発見や紙への見方が変わるのではないだろうか。

 

 

イベント情報

東京ミッドタウン・デザインハブ特別展 紙わざ大賞展 —「紙」の可能性を追求するアートコンペティション
場所:東京ミッドタウン・デザインハブ
(東京ミッドタウン5F)
開催期間:2019年5月16日(木)から6月5日(水)
時間:11時~19時
休館日:会期中無休
料金:入場無料

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事